部品調達は秒を争う!? トヨタが新システム「ワープ」を構築 | レスポンス(Response.jp)

部品調達は秒を争う!? トヨタが新システム「ワープ」を構築

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタは27日、自動車部品調達の効率化を行うため、インターネットを利用した全世界規模の部品調達情報用ネットワークを構築する、と発表した。

このシステムは「WARP(ワープ)」と呼ばれ、これまでは電話やファックスを使って行われてきた部品の飼養、設計に関する情報のやり取りを、エクストラネットと呼ばれる企業間を結ぶインターネットに順次切り替えていくというもの。最初はネット取引が盛んなアメリカで導入し、その後に日本や欧州の各グループ企業にも導入する方針。

システムを運用することで、部品に関するデータベースも同時に構築することができ、最適な価格と品質を持った部品サプライヤーを、極めて短時間で検索できるようになる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品