これでディーゼル既存車も生き残れる! 軽油の代わりにLPガス? | レスポンス(Response.jp)

これでディーゼル既存車も生き残れる! 軽油の代わりにLPガス?

自動車 ニューモデル 新型車

LPガス供給の大手である岩谷産業と、通産省の工業技術院機械技術研究所は共同で、ディーゼルエンジンの燃料として、軽油の代わりにLPG(液化石油ガス)を使い、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を大幅に減らす技術を開発した。この他、東京大学やコモテックの研究グループも研究・開発に参加している。

この技術は、LPGに添加剤を加えることで着火性を軽油並みに高め、ディーゼルエンジンに使えるようにしたもの。燃費は軽油並みになる見込み。 LPGは軽油のように硫黄分を含んでいないため、燃焼させてもPM(粒子状物質)があまり発生しないし、NOxも大幅に削減可能とされている。既存のディーゼル車も改造することで利用できるため、既存車を有効活用できる可能性がある。今後は実走行による試験を繰り返し、問題なければ実用化していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品