【近未来ユーロハッチ・バトル Vol. 3】BMWコンパクトの課題はコレだ | レスポンス(Response.jp)

【近未来ユーロハッチ・バトル Vol. 3】BMWコンパクトの課題はコレだ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスが『Cクラス』に追加予定の『スポーツクーペ』はセダン上級仕様と同程度のプライスになりそうだ。いっぽうBMWが新型(2代目)『3シリーズ・コンパクト』をどのような価格で送り出してくるかはまだ分からない。

しかしミュンヘン筋では新型エントリーBMWにおおいなる自信を持っている。現行コンパクトはE36型3シリーズ(先代)のモデル最末期に大慌てで追加された。1994年に買収したローバーに小型車市場を任せるつもりだったのが、とてもそんな経営状態ではなかったからだ。

次期コンパクトは当初から現行3シリーズとともに開発され、セダンのテールを断ち落としただけの現行コンパクトより調和のとれたスタイリングになるという。正確な情報は雲の中だが、デザイン部長のクリス・バングルは、新型コンパクトのフロントエンドは、セダンやクーペとは若干、異なった意匠になると言っている。

新型は旧型比150mm全長が伸び、ホイールベースは25mmのプラス。トレッドは前が63mm、後が65mm拡大される。そして仮想敵メルセデス・ベンツ・スポーツクーペ同様の、ルーフ全長のグラス・サンルーフを装備、若年層にアピールする。

エクステリアの成長は居住性の向上につながる。現行コンパクトについての調査では、ライバルと比較してインテリアは安っぽいとの評価を得ている。その結果、ダッシュボードやスイッチ類など、兄貴分の3シリーズからソフトタッチのキャビンデザインを流用したそうだ。フロントシートは半自動で前後80mmスライドするので、リアシートへの出入りが楽になったと伝えられる。

新型コンパクトには4気筒エンジンのシリーズが用意される。このエンジンはイギリス、ハムズ・ホールの新工場で作られる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品