『シーマ』開発者だった日産販売会社の社長が自殺 | レスポンス(Response.jp)

『シーマ』開発者だった日産販売会社の社長が自殺

自動車 社会 社会

日産プリンス福岡の楠見記久社長が20日、同社の本社3階から飛び降りて死亡したことが明らかになった。福岡県警では、自殺と見て調査している。

これまでの調べでは、楠見社長はビル屋上から飛び降りる様相だったので、同社の社員が思いとどまるよう引き止めていたが、振り切って自殺した。自殺の理由については不明。

楠見社長はバブル時代に大ヒットした、あの『シーマ』の開発担当者だった。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品