トヨタ、アメリカの“ハート”V8エンジン製造に意欲 | レスポンス(Response.jp)

トヨタ、アメリカの“ハート”V8エンジン製造に意欲

自動車 ニューモデル 新型車

オートモーティブ・ニュースによると、トヨタは「グッド・オールド・アメリカン」スタイルのV8エンジンを数年以内に北米で生産開始の予定だと言う。V8エンジンはレクサスセダン、SUVなどのニッチ・モデル専用として装備されていたが、コンシューマーからの要望が強く、本格的な製造が検討された。

とりあえずV8エンジン搭載モデルの候補に上げられているのは、ピックアップトラックの『タンドラ』、新しく発売される『セコイア』SUVなど。

アメリカでのSUV、ピックアップ人気が続く限りこうしたクルマへの需要とV8エンジンへの熱望は大きく、トヨタとしてもこうしたコンシューマーの声にこたえるためにはオールアメリカンV8の製造を行うしかない。ただしV8エンジン製造の時期、場所などの詳細はまだ発表されていない。
《Sachiko Hijikata, US editor》

特集

おすすめの商品