明らかになったアウディ『A6』クーペの存在 | レスポンス(Response.jp)

明らかになったアウディ『A6』クーペの存在

自動車 ニューモデル 新型車

アウディでは、次世代『A6』を、生産合理化のために、伝統的なモノコックから、アルミニウム・スペ−スフレ−ムに変更することを考えている。

ドイツ南西部、ネッカ−スルム工場で生産される車種のうち、A6だけがこの軽量構造を採用していないのだ。この工場ではほかにフラッグシップの『A8』と、エントリーレベルの『A2』が生産されている。

内部情報によると、2004年発表予定の次期A6(またはそれに相当するモデル)の骨格となるアルミニウム・スペ−スフレ−ムは、現在のものよりスリムになるようだ。

しかも同じアルミニウム・スペ−スフレ−ムをベースにしたクーペの企画があり、この情報筋によると、量販A6が今から2度目のモデルチェンジをするより前、つまり次期A6を補完する形での生産に、首脳陣がGoサインを出すかもしれないという。
《》

特集

おすすめの商品