日産に最年少部長が誕生、若い力でリバイバル!!

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車に4月1日付けで同社で史上最年少となる42才の部長が誕生する。

最年少部長となるのは、同社の系列ディーラーに出向していた加藤勝巳氏。これまでは出向先のサティオ(旧サニー店)静岡の営業支援部長だったが、4月からは本社にもどりマーケティング本部戦略企画担当部長になる。これまでの同社の史上最年少部長は45才だった。また今回の人事での最年少課長は35歳。

カルロス・ゴーン氏の指揮のもと経営再建中の日産は、実力ある若い人材を抜擢していく方針をかかげており、今回の人事はそれが具体化した一例。彼らの活躍が、日産車の売れ行きに結びつく日が待ち遠しい。
《編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品