『エリーゼ』“クーペ”はサーキット生まれ | レスポンス(Response.jp)

『エリーゼ』“クーペ”はサーキット生まれ

自動車 ニューモデル 新型車

近い将来『エリーゼ』にクローズドボディ仕様を追加するということが、ロータス自身によって確認された。新型車はイギリス中心に販売されているレース仕様(スポーツ・チャレンジ・シリーズ)をベースに開発され、ふくらんだフェンダー、立体感を増したフロントスポイラー、大きくなったリアウィングが外観の特徴になるという。パワーソースは、ローバー(!!)の16バルブ1.8リットルKシリーズ・エンジンをおよそ190PSまでチューンするそうだ。
《》

特集

おすすめの商品