三菱ダイ・クラ協同開発車、2004年にデビュー

自動車 ビジネス 企業動向

28日午後3時から東京六本木の全日空ホテルで、三菱自動車とダイムラー・クライスラーとの資本提携についての記者発表が、日本向けに行なわれた。三菱自動車の河添克彦社長とダイムラー・クライスラーのユルゲン・シュレンプ会長は、前日のフランクフルトにおける記者会見から身体を休める間もない移動である。

記者会見の内容は前日の発表通り、とくに新たな事実は出てこなかった。細かな提携業務内容はまだ固まっていないようだ。三菱製GDIエンジンのダイムラー・クライスラー車への搭載も、新規開発車以外の現行モデルについては未定とのこと。

そんな中で「ネッドカーの現在の生産計画が2004年まである」という表現で、三菱ダイムラー・クライスラー協同開発車の2004年デビューが示唆されたことが収穫だった。オールニューで開発しても充分間に合うタイミングである。
《高木啓》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品