『オプティ』てこ入れ、レトロ調とスポーティふたつのタイプを追加 | レスポンス(Response.jp)

『オプティ』てこ入れ、レトロ調とスポーティふたつのタイプを追加

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ工業は1日、軽乗用車「オプティ」にレトロ調のフロントデザインを持った「クラシック」と、スポーティタイプの「ビークル」を発表、同日から発売を開始した。

クラシックは20代の若い女性をターゲットとし、専用のレトロ調フロントグリルやバンパー、メッキのドアミラーなどにより、イタリアンテイストのクラシカルなイメージを強調した。

一方、ビークルは20代の男性向きで、前後シートの形状を変更したり、天井内張りの形状を見直すことによって、余裕のある後部座席の座り心地を実現している。また、フロントグリルにメッキ部品を採用したほか、14インチアルミホイールを標準装備してスポーティー感を高めた。

価格はFFで、5速マニュアルトランスミッションの場合、低価格タイプの「クラシック Lセレクション」が82万8000円、ビークスLセレクション」が89万8000円。標準タイプの「クラシック」が91万8000円、ビークスS」が105万円となる。販売目標は月間1500台で、現在の月販平均が1000台と低迷しているオプティシリーズのテコ入れを図る。

《編集部》

特集

おすすめの商品