北米の成長市場にアウディ初のSUV『オールロード・クワトロ』で参入 | レスポンス(Response.jp)

北米の成長市場にアウディ初のSUV『オールロード・クワトロ』で参入

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ『オールロード・クワトロ』の最初の広報写真がリリースされた。1998年のデトロイト・モーターショーに出展され好評を得たクロスオーバー・コンセプトカーと車名、外観、メカニズムは同じで、その量産型となる。実車のデビューはジュネーブ・モーターショーの予定。

オールロード・クワトロは北米で人気上昇中のラグジャリーSUVであり、BMW『X5』とメルセデスベンツ『Mクラス』に対するインゴルシュタットからの解答だ。クルマの成り立ちはボルボ『V70XC』に似ているものの、アウディのほうがよりラグジャリーで、動力性能はより強力である。

『A6アバント』をベースにしたオールロード・クワトロは、モデル発表時点でツインターボ、30バルブ、2.7リットルV6エンジン(S4に同じ)と、トルク重視の24バルブ、2.5リットルV6ターボディーゼルの2機種のエンジンが選択肢にある。

駆動力はアウディ伝統の「クワトロ」システムを介して四輪に伝わり、トランスミッションは 6MT、極悪路や滑りやすい急な上り坂のためにローレンジが選べる。

オールロード・クワトロがライバルのSUV群と一線を画すのは、そのエア・サスペンションだ。多数のセンサーを備え、路面状況と空力特性に応じてグラウンドクリアランスを変化させる。車速が増すとこのシステムは4段階にボディを下げ、最大208mmから細小142mmまでグランドクリアランスは変化するのだ。

なおアウディでは、最大ペイロードは650kg、最大牽引重量は2300kgと発表している。
《》

特集

おすすめの商品