ダイムラークライスラーがミニバンの王者から転落? | レスポンス(Response.jp)

ダイムラークライスラーがミニバンの王者から転落?

自動車 ビジネス 企業動向


ダイムラー社との合併により、それまでミニバンを発明したメーカーとして独走体制をとっていたクライスラーに変化が現れている。今年発売の新型モデルのシェアでは、ホンダ『オデッセイ』に抜かれるのではないか、と噂が立つ程、DCのミニバン戦略は遅れを取りはじめている。そしてついに、今年度モデルのミニバンは五つ星の最高安全レベルさえ維持できないのではないか、という推測さえ生まれているのだ。

ウォールストリートジャーナル紙によると、DCのマーケティング部重役ジョン・マクドナルド氏自らがディーラーに対し、「今年のミニバンはNHTSAのクラッシュテストで最高の評価を得られないかも知れない」と話したという。

ミニバンの購入層にとって、安全テストの結果は大きな購買理由のひとつ。現にライバルであるフォードはここ数年『ウィンドスター』の広告に「五つ星の安全性」というのを強調している。

クライスラーは1983年にミニバンをマーケットに投入して以来、常にシェアの40%以上を誇ってきた。クライスラー社の生産台数のうち20%がミニバンだ。それが五つ星の安全性を失い、シェアも急落する危機にあるというのだから事は深刻。

DCではNHTSAに対し、新型モデルのクラッシュテストを今年後半まで行わないよう要請した、とも言われているが、DCではこうしたコメントを否定。そもそもデトロイトオートショーの段階で完成モデルとして発表されたクルマを今から発売開始までにチェックしなおす、というのも考えられない作業だ。

ことの真相は謎のままだが、DCがミニバンからダイムラーの技術力を中心としたハイエンドモデルにシフトする可能性は十分にあり、今年以降のミニバン地図に大きな変動が予想されることは十分にありえる。


《Sachiko Hijikata, US editor》

特集

おすすめの商品