スバル『フォレスター』ビッグチェンジ、シボレー顔に!? | レスポンス(Response.jp)

スバル『フォレスター』ビッグチェンジ、シボレー顔に!?

自動車 ニューモデル 新型車


富士重工業は13日、「フォレスター」を大幅改良するとともに、低燃費のリーンバーンエンジン車も新設定して、発売した。

今回の改良では、内外装デザインを一新すると同時に、サスペンションなどを改良して品質感、走行性能を高めた。また、安全装備を充実しながら価格は従来車並みに据え置いている。

“都市型SUV”のイメージを強調するため、フロントフード、前後のバンパー、ランプ類などのデザインを刷新したのだが、発表会場に集まった記者たちからは、「早くも、(資本提携した)GMのシボレー・ミニバンにフロントマスクが似ているね」との評も聞かれた。

主な車種の価格は次の通り(いずれもAT車で、東京・名古屋・大阪地区)



▽2リットル     C/20=189万円
▽同          S/20=199万8000円
▽2リットルターボ  S/tb=221万5,000円
▽2.5リットル    T/25=246万円




《》

特集

おすすめの商品