【SCOOP!! 次期ミニVol.3】ランエボ顔負けのインタークーラー発見 | レスポンス(Response.jp)

【SCOOP!! 次期ミニVol.3】ランエボ顔負けのインタークーラー発見

自動車 ニューモデル 新型車

●エンジンはスーパーチャージャー付! 欧州では同クラス敵なし!?

レーシーなクーパーSは、そのボンネットにマウントされたスーパーチャージャー用のエアインテイクによって、パワーの小さい兄弟車とは簡単に見分けがつく。排気圧に頼りエンジンの高回転域でしかフルパワーを得られないターボとは異なり、クランク・ドライブのスーパーチャージャーは全回転域においてトルクを増強させる。
最高速は216km/h、0-100km/h加速は7秒台前半と推測され、かなりの速さを発揮する。

ローバーの新しいミニは、クラシックな先代(現行)のテーマを反映しながらも、モダンな雰囲気を持っている。スピードメーターは中央に配置され、広くてくつろげるキャビンだ。ホイルベース2500mmというレイアウトは、車体の四隅にそれぞれホイールがあることを意味する。ミニの室内は広々としているものの、現行クーパーで楽しめる快適なスポーティー・ドライビングは維持しているということだ。

新型ミニはショートノーズでありながらも、16バルブ・エンジンは超コンパクトなので、フロントホイールの間に搭載されている。エンジンの詳細は極秘だが、スーパチャージャー・バージョンは少なくとも21.1kgmのトルクを発生し、この数字はゴルフGTIの1.8リットル・ターボやピューマの1.7リットルNAゼーテック・エンジンのものよりもはるかに大きい。



●「カビの生えたファミリーハッチに、大きなエンジンを載せただけではない」

このユニットの出力を最大限に生かすために、MGFロードスターで採用された第2世代CVTと、クイックシフトの6速シーケンシャル・ギアボックスが組み合わされている。現行のCVTは、エンジン・パワーを奪い、燃費を悪化させていると批判されているものの、関係者によればこれらの問題を解決するためにエレクトロニック・システムは改善され、クーパーSに必要とされる本当にスポーティーなキャラクターが実現したという。

新型ミニのエクステリアも、インテリア同様レトロな雰囲気を引き継いでいる。ただし「新型ミニは小さいながらもリアル・スポーツカーであり、60年代のスポーティーなミニの現代版といえる。カビの生えたファミリー・ハッチバックに大きなエンジンを搭載したものではない」とプロジェクト関係者は語っている。ローバーはミニの開発を隠してきたが、ここにお見せするミニ・クーパーSは量産車にも引き継がれるデザインだ。

新型ミニ、コードネームR50は、ローバー25と45を作っているロングブリッジ工場で作られる。価格は発表されていないものの、BMWのワールドワイド・セールスの責任者であるヘインリッチ・ヘイトマンは、エントリー・モデルは174万円以下(1ポンド174円で換算)、そしてホットなクーパーSは261万円になると示唆している。
こちらは普通のクーパー。バンパ−・グリルの小さい。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品