燃料電池車の燃料はどうするの? ...標準規格をめぐり通産省が調停へ | レスポンス(Response.jp)

燃料電池車の燃料はどうするの? ...標準規格をめぐり通産省が調停へ

自動車 社会 社会

燃料電池車の開発にメーカーがしれつな競争を展開するなかで、エネルギー政策を担当する通産省が、燃料電池車に使用する燃料を何にするか、民間企業をまじえて話しあう会議を年内をめどに発足させる。

東京モーターショーに出展された燃料電池コンセプトカーのいくつか。

ホンダFCX

ジープ・コマンダー

メルセデスベンツNECAR

燃料電池は水素から電気をとりだし発電するが、その水素をどう供給するかについてはまだまだ議論の余地がある。水素を直接車に投入するのはまだ難しいことから、“媒体”としてメタノールや天然ガスなどを使うことが検討されている。しかしどれも一長一短があり、どの燃料で実用化や普及を進めるのかコンセンサスは得られていない。

燃料電池は自動車用のほか将来は家庭用での利用もみこまれ、国のエネルギー政策の在り方を左右するほどの大きなインパクトを与える可能性も高い。会議では自動車メーカーや石油会社が参加するとみられるが、果たしてどこまで議論が進むかは未知数だ。






《編集部》

特集

おすすめの商品