上半期自動車輸出、対米が20%増 | レスポンス(Response.jp)

上半期自動車輸出、対米が20%増

自動車 社会 社会

大蔵省は99年度上半期の貿易統計を発表した。それによると、自動車の輸出台数は前の年の同じ時期に比べて4.9%少ない249万8千台となった。景気が好調なアメリカ向けは20%増えたが、その他の国や地域への輸出は逆に減少した。アメリカ政府は、日本車の対米輸出の最近の増加傾向を懸念しており、この傾向がさらに続けば、輸出を抑制するようアメリカが圧力をかけてくる可能性がある。

今年度上半期のアメリカ向け輸出台数は、昨年の同じ時期に比べて20%多い86万台と順調にのびた。これにたいして、EU(欧州連合)向けは4.6%減って57万8千台となったほか、中国、ロシア、中東など主要な輸出先がのきなみ減少した。

自動車輸出台数は98年度に3年ぶりに前年実績をしたまわった。しかし、アメリカ向けは景気の好調さに乗って逆に増加した。アメリカ向け輸出は今年度にはいってからも2ケタののびが続いている。客観的にみれば他地域への輸出減少分をアメリカで補っているかたちだ。

ただ、この傾向にたいして再びアメリカ政府が警戒心を強めている。下半期もアメリカの好景気が続けば日本車の輸出もひきつづき伸びるとみられることから、同国政府の出方が気になるところだ。制の完成に向けて大きな一歩を踏み出すことになる。
《編集部》

おすすめの商品