【東京ショー速報 Vol. 42】ルノーの野望に日産がつぶされる?

自動車 ニューモデル モーターショー

フランス・ルノー社のルイ・シュバイツァー会長兼CEOは21日に行った報道関係者との懇談会で、日産との提携の成果について、「数字的なものはまだ見えていない」としながらも、ルノーとしては「地域的な企業から世界的な企業に脱皮できたことは大きなメリットとなった」と総括した。

本来、両社の提携は日産の経営再建にルノーが協力するという意味合いのものだったはずだ。しかし、ルノーは5907億円の資金と引き替えに、日産がこれまでに築きあげてきた開発、生産、販売などのパワーをうまく利用しようとしていることは、同会長の発言からも明白だ。

事実、メキシコやアジア各国でのルノー車の生産・販売に、日産の工場や販売網を利用しようとしている。さらに、日本国内の日産ディーラーで、ルノー車を販売することも・・・。日産の再建を目指す「ゴーンプラン」では合計1万2500人もの大幅な人員削減の方針が打ち出された日産グループの販売会社。その上に、ルノー車まで「売らされる」ことになるとは、「まさに“泣きっ面に蜂”です」(関係者)。

「ルノー念願の世界進出のための捨て駒として、名門日産が血を吸われ、肉を食われようとしている」とまで、ささやかれるこの現状。はたしてゴーンプランの行き先は?
《》

《PR》関連記事

おすすめの商品