テクノロジーのニュース記事一覧 | 船舶 | レスポンス(Response.jp)

船舶 テクノロジーニュース記事一覧

旅客フェリーの車両積載区域の防火基準を見直しへ…国際海事機関 画像
自動車 テクノロジー

旅客フェリーの車両積載区域の防火基準を見直しへ…国際海事機関

英国ロンドン国際海事機関(IMO)で第97回海上安全委員会が開かれ、旅客フェリーの火災安全対策を国際海事機関(IMO)で検討することが決定した。

【SEECAT 16】ダイバーが使う水中ナビゲーションシステムも登場 画像
自動車 テクノロジー

【SEECAT 16】ダイバーが使う水中ナビゲーションシステムも登場

最近のテロ対策では「川や海からの侵入をいかにして防ぐか」というのも課題になっている。船舶を使った警備・警戒はもちろん、ダイバーも投入することになるが、今年のSEECATではダイバー用ナビゲーションも出品されていた。

燃料電池船の実船試験を開始---安全ガイドライン策定へ、国土交通省 画像
船舶

燃料電池船の実船試験を開始---安全ガイドライン策定へ、国土交通省

国土交通省は、水素社会実現に向けた燃料電池船の実船試験を開始したと発表した。

三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78 画像
航空

三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

三菱航空機は、国産リージョナルジェット「MRJ」(三菱リージョナルジェット)飛行試験機の開発状況を公表した。

【テクノフロンティア16】大型トラック、トレーラーの横転事故を防ぐ装置開発…重心検知協会 画像
自動車 テクノロジー

【テクノフロンティア16】大型トラック、トレーラーの横転事故を防ぐ装置開発…重心検知協会

重心検知協会と中央バス商事、東京海洋大学大学院が共同開発した三次元重心検知システム「重心丸」は、近年トラックの中でも増えている大型トラックやトレーラーの重心位置を特定し、横転の危険性を教えてくれる装置だ。

【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪 画像
船舶

【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪

4月13日から15日まで東京ビックサイトにおいて開催された国際海事展「SEA JAPAN 2016」。アール・エフ・ディー・ジャパンは、水難者救助に役立つ携帯型膨脹式救命浮き輪「マリンポーチRN型」を出品した。

【シージャパン16】バラスト水の生物検査装置を開発、無料モニター募集…サタケ 画像
船舶

【シージャパン16】バラスト水の生物検査装置を開発、無料モニター募集…サタケ

食品機械メーカーのサタケ(本社・広島県東広島市)は「SEA JAPAN2016」に小型で便利な検査装置を披露した。それはバラスト水に含まれている微生物を検査するもので、120年の歴史を誇る同社が技術の粋を集めて開発したものだという。

【新聞ウォッチ】三菱重工の豪華客船、建造中3度の火災で1年遅れの出港 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】三菱重工の豪華客船、建造中3度の火災で1年遅れの出港

三菱重工業が、長崎造船所で建造してきた大型の豪華客船「アイーダ・プリマ」の1隻目が完成し、発注先の米カーニバル傘下の独アイーダ・クルーズにようやく引き渡したという。

【ジャパンボートショー16】流麗なスタイルで目を引く、トヨタ・ヤンマーのクルーザー第一号 画像
船舶

【ジャパンボートショー16】流麗なスタイルで目を引く、トヨタ・ヤンマーのクルーザー第一号

パシフィコ横浜で開催された「ジャパン インターナショナルボートショー 2016」。トヨタのブースでは、クルマ屋らしい走りや快適性を追求した新型ボート「TOYOTA-28 concept」を参考出展し、注目を浴びていた。

ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援 画像
宇宙

ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

ウェザーニューズは、北極海の海氷を観測し北極海航路を航行する船舶をサポートするための超小型衛星「WNISAT-1R」が完成し、カザフスタン共和国・バイコヌール宇宙基地から2016年春に打ち上げると発表した。

【WTP2015】日本の自動運転の実現に欠かせない、準天頂衛星「みちびき」 画像
自動車 テクノロジー

【WTP2015】日本の自動運転の実現に欠かせない、準天頂衛星「みちびき」

ワイヤレステクノロジーパーク2015の会場内に人工衛星の実物大模型を発見した。これは準天頂衛星のモデルだ。

ソフトバンク、海上保安庁と「災害協定」締結…合同訓練も実施 画像
船舶

ソフトバンク、海上保安庁と「災害協定」締結…合同訓練も実施

 ソフトバンクモバイルは25日、通信事業者として初めて海上保安庁と「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を締結したことを発表した。大規模災害発生時の早期の通信復旧が目的とのこと。

海上技術安全研究所、ホバリング型AUVシステムの開発に着手 画像
船舶

海上技術安全研究所、ホバリング型AUVシステムの開発に着手

海上技術安全研究所は、海中機器「ホバリング型AUVシステム」の開発に着手すると発表した(AUV:次世代型巡航探査機)。

「はやぶさ2」打ち上げ、12月3日に再延期…強風影響で 画像
宇宙

「はやぶさ2」打ち上げ、12月3日に再延期…強風影響で

12月1日に予定していた「はやぶさ2」を搭載したH-IIAロケット26号機の打ち上げが、12月3日13時22分04秒(日本時間)に再設定された。12月1日は打ち上げ時間帯にかけて射点周辺で制限風速を超える強風が予想されることから延期となった。

【三菱重工 ターボ技術者インタビュー】ターボは技術のシナジーによって成り立っている 画像
自動車 ビジネス

【三菱重工 ターボ技術者インタビュー】ターボは技術のシナジーによって成り立っている

三菱重工の名を知らない人など、日本人成人男性には居られないだろう。今回、三菱重工の相模原地区工場を訪れ、ターボチャージャーに関する話を伺うことができた。

【エヌプラス14】カーボンファイバーの意外な能力を再認識…ACM 画像
自動車 ビジネス

【エヌプラス14】カーボンファイバーの意外な能力を再認識…ACM

軽量高剛性を実現するレーシングマテリアルとして知られるカーボンファイバー・コンポジットだが、実はカーボンファイバーを使ったCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の特徴は、軽量高剛性以外にも色々ある。

海上技術安全研究所、小型AUV開発パートナーを選定…三井造船やIHI 画像
船舶

海上技術安全研究所、小型AUV開発パートナーを選定…三井造船やIHI

海上技術安全研究所は、小型AUV開発に向けたパートナーを選定した。

名門大洋フェリー、2015年後半に新造船2隻が就航…1等洋室を充実 画像
船舶

名門大洋フェリー、2015年後半に新造船2隻が就航…1等洋室を充実

大学・研究機関の特許資産規模ランキング、トップは産業技術総合研究所…パテント・リザルト調べ 画像
自動車 ビジネス

大学・研究機関の特許資産規模ランキング、トップは産業技術総合研究所…パテント・リザルト調べ

自衛隊の新世代装備を徹底予測…新防衛大綱 兵器カタログ 画像
エンターテインメント

自衛隊の新世代装備を徹底予測…新防衛大綱 兵器カタログ

日本の離島(島しょ)防衛、奪還力強化をねらいに、2013年12月17日に閣議決定された「新防衛大綱」。この大綱が完成するであろう2025年の自衛隊の近未来の火力を徹底予測。カラーCGとともに陸・海・空の注目装備を紹介する。

常石造船、8万1600MT型カムサマックスバルカー「ユナイテッド・オーシャン」を引き渡し 画像
船舶

常石造船、8万1600MT型カムサマックスバルカー「ユナイテッド・オーシャン」を引き渡し

神戸製鋼、世界初の高強度材の認証取得…高疲労強度クランク軸と舵用鋳鍛鋼部材 画像
船舶

神戸製鋼、世界初の高強度材の認証取得…高疲労強度クランク軸と舵用鋳鍛鋼部材

神戸製鋼は7月15日、高疲労強度クランク軸と舵用鋳鍛鋼部材で世界初の高強度材の認証を取得した、と発表した。

ジャパンマリン、次世代省エネ型バルクキャリア「フロンティア・ヒーロー」命名・引渡し 画像
船舶

ジャパンマリン、次世代省エネ型バルクキャリア「フロンティア・ヒーロー」命名・引渡し

ジャパン マリンユナイテッドは7月14日、津事業所にて建造していたMG SHIPPING S.A(エムジー・シッピング・エスエー)向けの次世代省エネ型バルクキャリア「フロンティア・ヒーロー」を引き渡した。

阪九フェリー、船舶上全域でWi-Fi利用が可能に 画像
船舶

阪九フェリー、船舶上全域でWi-Fi利用が可能に

三菱重工舶用機械エンジン、最新の低速舶用ディーゼル初号機が完成 画像
船舶

三菱重工舶用機械エンジン、最新の低速舶用ディーゼル初号機が完成

三菱重工舶用機械エンジンは、新型エンジンのUEC33LSE/35LSE初号機完成を発表した。

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4