【ジュネーブモーターショー2017】トヨタの欧州販売、50%をハイブリッドに…2020年目標

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2017年型
  • トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2017年型
  • トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2017年型
  • トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2017年型
  • トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)の2017年型
ハイブリッド車を環境対応車の主軸に位置付けるトヨタ。同社が、今後の欧州でのハイブリッド車の販売について、意欲的な目標を提示した。

これは、ジュネーブモーターショー2017のプレスカンファレンスにおいて、トヨタモーターヨーロッパのヨハン・ファン・ゼイル社長兼CEOが明らかにしたもの。「2020年までに、欧州販売に占めるハイブリッド車の割合を50%に引き上げる」と発表している。

トヨタは2016年、欧州市場において、過去最高の29万5000台のハイブリッド車を販売。前年比は41%増と大きく伸びて、7年連続で増加した。

この勢いに乗って、トヨタは2020年までに、欧州販売に占めるハイブリッド車の割合を50%に引き上げる計画。そのための重要車種が、欧州Bセグメントの主力モデルの『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)。

ゼイル社長兼CEOは、「欧州でのヤリスの販売の40%がハイブリッド。欧州トヨタ全体のハイブリッド車販売においても、ヤリスが32%を占めている」と述べている。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品