【ジュネーブモーターショー2017】インフィニティに「ブラックS」、F1ハイブリッドで500馬力超

自動車 ニューモデル モーターショー

インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
  • インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS(ジュネーブモーターショー2017)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『Q60』(日本名:次期日産『スカイライン クーペ』)の「プロジェクト・ブラックS」をワールドプレミアした。

同車は2016年1月、デトロイトモーターショー16で発表された新型Q60をベースに、高性能モデルを示唆したコンセプトカー。インフィニティとルノースポールF1チームが共同開発を行った。外観は、専用エアロパーツによるアグレッシブなフォルムが特徴。

ハイブリッドパワートレインには、F1の技術を投入。F1のERS(エナジー・リカバリー・システム)を採用し、ブレーキング時のエネルギーを、リチウムイオンバッテリーに回収・蓄積。そこから得られた電気パワーによって、加速性能を引き上げる。インフィニティによると、F1のデュアルハイブリッドのロードカーへの搭載は、世界初という。

エンジンは、新世代の直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボ。ノーマル状態で、最大出力405psを発生する。インフィニティは、「プロジェクト・ブラックSでは、ERSにより25%のパワーアップが可能」と説明。500psオーバーのパワーが得られることになる。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品