【ジュネーブモーターショー2017】ポルシェ 911GT3 改良新型…自然吸気で500馬力

自動車 ニューモデル モーターショー

ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3(ジュネーブモーターショー2017)
  • ポルシェ 911 GT3 改良新型
  • ポルシェ 911 GT3 改良新型
ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、改良新型『911 GT3』を初公開した。

同車は『911』シリーズの中で、自然吸気エンジン搭載のトップグレードに位置付けられるモデル。2013年の現行型デビューから4年を経て、初の大幅改良が施される。

改良新型911GT3には、従来の3.8リットルから、排気量を4.0リットルに拡大した水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンを採用。レーシングカーの『911 GT3カップ』のエンジンを、ほとんど仕様変更することなく搭載しており、最大出力は500psを発生する。従来比で、25psパワフルに。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「PDK」。駆動方式はRR。改良新型911 GT3では、0-100km/h加速が0.1秒短縮され3.4秒に。最高速は3km/h高められ、
318km/hに到達する。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品