【ジャパンボートショー2017】フィッシングをあきらめないエンターテインメント性…ヤマハ発動機

船舶 エンタメ・イベント

ボートオブザイヤー2016表彰式にて。
  • ボートオブザイヤー2016表彰式にて。
  • 【ジャパンボートショー2017】フィッシングをあきらめないエンターテインメント性(ヤマハ190FSH SPORT)
  • 【ジャパンボートショー2017】フィッシングをあきらめないエンターテインメント性(ヤマハ190FSH SPORT)
  • 【ジャパンボートショー2017】フィッシングをあきらめないエンターテインメント性(ヤマハ190FSH SPORT)
  • 洗浄パーティも広げる大型のモデルのコンセプトモデルも。
  • ヤマハはマリン人口のすそ野を広げる活動にも積極的だ。
日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016において小型艇部門とベストフィッシング部門を受賞したのがヤマハ発動機の『190FSH SPORT』だ。

そんな経緯もあって、ジャパンインターナショナルボートショー2017会場で広大なスペースを確保するヤマハ発動機のブース中でも、かなり注目度の高い一艇となっていた。

ジェット艇をベースに開発されたこの船は、家族みんなで楽しめる船を想定しているという。小型フィッシングボートを得意とする日本と、ウォーターエンターテインメント性の高いものが人気のアメリカのいわば合作で誕生したという。製造はアメリカなのだそうだ。

浅瀬にも安心して船を進めることができ、湖沼や河川などでも幅広く使用できる。日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016の選考委員の評も、日本にこそふさわしい、みんなでマリンアクティビティに出られる可能性を持っている、とこの船に関しては上々だ。

こうした釣りの機能をあきらめていない、エンターテインメント性の高いボートは前例がなく「こうしてボート・オブ・ザ・イヤーでも上々の評価を頂いたので、これからも推進していきたい」とメーカーでは話す。
《中込健太郎》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品