【キャンピングカーショー2017】ベース車として注目…フィアット デュカト

自動車 ニューモデル モーターショー

ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
幕張メッセで2017年2月2~5日に開催された「ジャパンキャンピングカーショー」。キャンピングカーに改造するベース車は様々だが、今回、ベースカーとして目立ったのが、フィアット『デュカト』だった。

軽自動車や1BOXなど、国産車をベースにしたキャンピングカーが多い中、輸入車のキャンピングカーも増えてきた。輸入車のキャンピングカーというと、昔はアメリカ車が多いイメージがあったが、欧州車ベースも増えてきている。今回のキャンピングカーショーで、欧州車でベースカーとして使われていることが多かった車両がデュカトだ。

フィアット(FCAジャパン)のブースでは、純正の状態のデュカトが展示されていた。デュカトは元々が商業車だ。日本のミニバンと違うのは、運転席周りは豪華だが、荷室は骨組みだけ。断熱材すらなく、がらんどうだ。これならば、キャンピングカーとしての改造ベースとして使いやすいかもしれない。

あるビルダーに聞いたところ、欧米のキャンピングカーの7割がデュカトとのこと。荷室の広さは長さ3m80cm、幅1m80cm、高さ1m93cmと、キャンピングカーのベースとして使うには素質が十分だ。

今までのデュカトは並行輸入だが、正規インポーターがキャンピングカーショーに出展したことから、正規輸入の可能性が出てきた。キャンピングカーユーザーは今後が気になる1台だ。
《編集部》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品