【キャンピングカーショー2017】テリー伊藤「うれしい。でも怖いですよ」

自動車 ニューモデル モーターショー

キャンピングカーアワードを2年連続で受賞したテリー伊藤
  • キャンピングカーアワードを2年連続で受賞したテリー伊藤
  • テリー伊藤
  • キャンピングアワード受賞式 MCの辻よしなり
  • キャンピングカーアワード(キャンピングカーショー2017)
  • キャンピングカーアワード(キャンピングカーショー2017)
  • テリー伊藤
サーブ『900カブリオレ』、ホンダ『ビート』、アルファロメオ『スパイダー』、プジョー『206RC』、シボレー『アストロ』、トヨタ『FJクルーザー』……。50台以上のクルマを乗り継いできたテリー伊藤が、初日イベントに登壇。キャンピングカー愛を語った。

「ボクは、きょうコレ(ステージトーク)が最初の仕事。鎌倉に家があって、きのう早めに帰ったら、駐車場に小型のキャンピングカーがいっぱい止まってるの。波を待ってるんですよ。若い女の子たちが、軽のキャンピングカーに乗って浜辺に来て、駐車場に朝早く止めてね、5時半ぐらいに海に入ってるんですよ。で、夕方になると、こんどは夕日を求めて浜辺に来るキャンピングカーを見る。なんかいいよね」

そう語るテリーさんは、キャンピングカーアワードを2年連続受賞。キャンピングカー好き(キャンプやアウトドア好きも含む)著名人を毎年1名選出する賞だ。

「うれしいですよね。ベストジーニスト賞と同じぐらいうれしい。SMAPの木村拓哉くんとか、草なぎ剛くんとかと同じく連続受賞でね。こういうのって、テレビとは別に、ライフスタイルをほめられているようで、いいですよね」

囲み取材で、「キャンピングカーの良さは?」と問われたテリーさんは、クルマ旅の道中での出会いをあげていた。

「キャンピングカーのメリットは、そうね、旅の途中での人との出会いかな。クルマのなかにお風呂ないじゃない。そうすると『銭湯どこですか?』とか、『おいしいラーメン屋ありますかね?』とか、『クルマ止める所ありますかね』とかね。初めて会う人と接する機会が多いじゃない。自分の部屋でパソコン使ってSNSとかでやりとりするのもいいけどね、リアルに人と出会えるし、風も空気も、街の風景も肌で感じる。クルマに乗るよろこびってそういうことですよね」

ディレクター時代から豪快なイメージがあるテリーさん。車中泊やキャンプについては、慎重派の一面も見えた。

「怖いですよ。だって、暗いところでクルマのなかにいると、怖いじゃない。誰がくるかわからないしさ。怖さってさ、敏感になるでしょ。車中泊とか体験すると、風の音で起きちゃうときもある。でもそれがいいんだけどね」
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品