トヨタのICS搭載車、駐車場での踏み間違い事故が約7割減少 | レスポンス(Response.jp)

トヨタのICS搭載車、駐車場での踏み間違い事故が約7割減少

自動車 テクノロジー 安全

後退時のICS作動イメージ
  • 後退時のICS作動イメージ
  • 後退時のICS作動イメージ
トヨタ自動車は12月26日、駐車場での安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の事故低減効果について、踏み間違い事故が約7割、後退時事故が約4割減少したと発表した。

ICSは踏み間違いなどによる急発進時に、クリアランスソナーで障害物を認識して衝突被害の軽減に寄与する安全支援技術。2015年発売の『アルファード』『ヴェルファイア』『プリウス』からは、センサーの増設と検出距離の延伸により、検出範囲を拡大するとともに制御ソフトを改良。ペダル踏み間違いによる衝突被害軽減だけでなく、駐車場内の低速での移動や車庫入れなど、ペダル誤操作がない場合にも隣接車両や障害物との衝突回避や被害軽減を支援する。

トヨタ自動車は、ICSを搭載する3車種について、2015年1月から2016年6月までの18か月間、当該車種約6万台分を契約している保険会社による約2500件の事故データを調査。その結果、ICS搭載車のペダル踏み間違い事故件数は非搭載車に比べ約7割減少、後退時事故件数も約4割減少と、駐車場内での事故軽減に効果を発揮していることがわかった。
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品