【ホットロッドショー16】BMW G310Rのトラッカーカスタムが登場…タンク下にリアショック装備

モーターサイクル エンタメ・イベント

ヨコハマ・ホットロッド・カスタム ショー2016に展示されたWEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • ヨコハマ・ホットロッド・カスタム ショー2016に展示されたWEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • BMW G310R
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
  • WEDGE MOTORCYCLEが手がけたBMW G310Rのカスタム。
今年で100周年を迎えたBMW。普通2輪免許で乗れるアンダー400ccクラスの『G310R』が発売を控え、いまバイクファンから熱視線を浴びている。

そんなG310Rのカスタムが、早くも『ヨコハマ・ホットロッド・カスタム ショー2016』(12月4日パシフィコ横浜)にて披露された。G310Rならではの後方排気エンジンとトラスフレームが強調されたトラッカースタイルだ。

これを手がけたのは、東京都八王子市のカスタムショップ『WEDGE MOTORCYCLE』。ビルダーの二平隆司氏によると「気負わず、気軽に乗れるトラッカースタイル。移動手段として日常使いしながら、ときにはツーリングにも出かけられる」とのこと。さらに「ジャケットやスニーカーの延長線上にある。車両単体として凄いものができても、そのオーナーが跨がったときに似合っていなければ意味がない」という。

リアサスペンションをフレームサイドに移植するのも検討したが、作業を進めている流れでリアショックをエンジンの上に置いたら、バランスが非常に良かった。そこでタンクの下にリアサスペンションをレイアウトし、その存在を目立たせるためにタンク下をカットしたデザインが生まれた。

前後19インチのスチール製ホイールをはじめ、アルミ製のタンク・シート・シートカウル、シートレール、スイングアーム、マフラー、サスのリンクユニット、ブレーキローター、ステップ、ペダルなどワンオフで製作したパーツばかり。二平氏は「自分らしいスタイルで仕上げられた」と頷く。

こうしたカスタムの可能性も無限大にひろがるG310R。発売が待ち遠しい。
《青木タカオ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品