【F1 日本GP】マクラーレン ロン・デニス会長「来年は飛躍できる」 | レスポンス(Response.jp)

【F1 日本GP】マクラーレン ロン・デニス会長「来年は飛躍できる」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016 基調講演
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016 基調講演
  • マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016 基調講演
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016 基調講演
マクラーレン・テクノロジー・グループのエグゼクティブチェアマンを務めるロン・デニス氏は10月6日、NTTコミュニケーションズが都内で開催したセミナーに登壇し、F1チームのマクラーレン・ホンダについて「来年は飛躍できる」との見通しを示した。

デニス氏は「今、ホンダと学習曲線を登っているところ。先進的な取り組みをしており、トップに登り詰めるまでは、まだ難しいが、着実に大きな進歩を遂げている」と現状分析し、「そして来年は飛躍できると考えている」と述べた。

また「すべてにおいてベストを尽くす。勝つためにはすべてがベストでなければならないということを、それを目指していきたい。私が長年思っていることは、2番というのは負け組の中のトップだということ」とも指摘。

その上で「スポーツ競技にしても、あるいは会社を運営する立場にあっても、1番になりたくない理由はどこにもない。だから私は自分にも他人にも厳しくやっている。これからもしっかりと、そしてハングリー精神をもってやっていきたい」と強調した。
《小松哲也》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品