モリタ、回転式塵芥収集車をフルモデルチェンジ…クラス最大級の収容力

自動車 ビジネス 国内マーケット

モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(小型ワイド)
  • モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(小型ワイド)
  • モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(中型車)
モリタエコノスは、回転式塵芥収集車「パックマスター」の小型ワイド車(3.5トン)と中型車(4トン)2機種をフルモデルチェンジし、納入を開始した。

モリタエコノスは、1948年設立以来、衛生車、塵芥収集車、高圧洗浄車、強力吸引車、浄化槽水リサイクル車、汚泥吸引車、訪問入浴車など、様々な製品の開発・製造・販売からアフターサービスまで一貫して行っている。

パックマスターは、ごみ収集の効率化と安全性の改善・負担軽減を目指した回転式塵芥収集車。荷箱容積は6.8立方米(小型ワイド)、8.2立方米(中型)と、クラス最大級の収容力を達成。積込力も小型ワイドが20%、中型で9%の大幅アップを実現している。

また、段差の少ないスマートボディで、狭所での走行性を向上。注意喚起を促すハイマウントリアパネルを装備し、鈍重な印象を払拭する新たなシルエットを創り出している。

価格(税別)は小型ワイド車が916万円から、中型車が1176万円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

    【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  4. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  5. フタバ産業、トヨタ自動車が出資比率引き上げ…ホットスタンプ加工ライン整備の資金調達

  6. 【リコール】日野プロフィア 3万3000台、ECU不具合などで走行不能になるおそれ

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 プリウス の“断面”を真横から見る

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  10. ジェイテクト、低トルク化・耐摩耗性能を向上したホイール用ボールハブユニットを開発

アクセスランキングをもっと見る