モリタ、回転式塵芥収集車をフルモデルチェンジ…クラス最大級の収容力

自動車 ビジネス 国内マーケット

モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(小型ワイド)
  • モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(小型ワイド)
  • モリタ  回転式塵芥収集車 パックマスター(中型車)
モリタエコノスは、回転式塵芥収集車「パックマスター」の小型ワイド車(3.5トン)と中型車(4トン)2機種をフルモデルチェンジし、納入を開始した。

モリタエコノスは、1948年設立以来、衛生車、塵芥収集車、高圧洗浄車、強力吸引車、浄化槽水リサイクル車、汚泥吸引車、訪問入浴車など、様々な製品の開発・製造・販売からアフターサービスまで一貫して行っている。

パックマスターは、ごみ収集の効率化と安全性の改善・負担軽減を目指した回転式塵芥収集車。荷箱容積は6.8立方米(小型ワイド)、8.2立方米(中型)と、クラス最大級の収容力を達成。積込力も小型ワイドが20%、中型で9%の大幅アップを実現している。

また、段差の少ないスマートボディで、狭所での走行性を向上。注意喚起を促すハイマウントリアパネルを装備し、鈍重な印象を払拭する新たなシルエットを創り出している。

価格(税別)は小型ワイド車が916万円から、中型車が1176万円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  3. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

    宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  4. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  5. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  8. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

  9. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  10. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら