【バンコクモーターショー16】スタイリッシュなカフェレーサー提案…ホンダ 300TTレーサー コンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
ホンダはバンコクモーターショー16で、何台ものコンセプトモデルを公開した。スポーツモデルでは300ccクラスのカフェレーサー、『300TTレーサー コンセプト』が初公開となった。

このコンセプトモデルは『CBR300R』/『CB300F』のコンポーネントを使って仕立てられた「ネオ・レトロ・レーサー」だ。名称が示す通り、カフェレーサースタイルをベースにしたスタイリッシュなたたずまいを見せる。

トラス構造をもつ鋼管ダイヤモンドフレームはベース車両そのままのように見えるが、シートを支えるサブフレームは取り外されている。代わりにステーも一体成形したCFRP製シートカウルを装着。

ウインカーランプはないがシートカウル後端にはブレーキランプが埋め込まれるなど、レースマシンのロードモデルの中間を意図しているようだ。ゼッケンプレートのようにも見えるラジエーターシュラウドやアルミのメーターステーなど、ディテールも丁寧に作り込まれている。

残念ながら、これがCB系モデルのバリエーションとして発売される予定はないという。しかし外部のショップやビルダーに刺激を与え、カスタマイズのアイデアを提供する役割は果たしたといえそうだ。

また300TTレーサー コンセプトと同じ傾向の提案として『CB650スクランブラー コンセプト』も展示された。こちらは、よりベースモデルの面影を強く残し、アルミ板を加工したラジエーターガードパネルを備えている。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ シビック ハッチ 新型、量産第一号車を出荷…英国から米国へ

    ホンダ シビック ハッチ 新型、量産第一号車を出荷…英国から米国へ

  2. トヨタ、新型軽乗用車 ピクシス ジョイ を発売…個性の異なる3グレード

    トヨタ、新型軽乗用車 ピクシス ジョイ を発売…個性の異なる3グレード

  3. ファーストクラス並み!? メルセデスの超豪華バンがさらに進化

    ファーストクラス並み!? メルセデスの超豪華バンがさらに進化

  4. 911GT3 を凌駕!? コルベット 史上最速の「ZR1」を捉えた

  5. メルセデスベンツ Sクラス、大幅改良&フェイスリフト 2017年

  6. 【アストンマーティン DB11】「アストンマーティンを日本のみなさんにDB11で広めたい」

  7. 【アストンマーティン DB11】「アストンマーティン史上、最もパワフルで最もダイナミック」

  8. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  9. 【ジャパントラックショー16】いすゞ、大型トラック ギガ などフルラインアップを展示

  10. ロータス エヴォーラ400 に「カーボンパック」…42kgの軽量化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら