【バンコクモーターショー16】スタイリッシュなカフェレーサー提案…ホンダ 300TTレーサー コンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
  • ホンダ 300TTレーサー コンセプト(バンコクモーターショー16)
ホンダはバンコクモーターショー16で、何台ものコンセプトモデルを公開した。スポーツモデルでは300ccクラスのカフェレーサー、『300TTレーサー コンセプト』が初公開となった。

このコンセプトモデルは『CBR300R』/『CB300F』のコンポーネントを使って仕立てられた「ネオ・レトロ・レーサー」だ。名称が示す通り、カフェレーサースタイルをベースにしたスタイリッシュなたたずまいを見せる。

トラス構造をもつ鋼管ダイヤモンドフレームはベース車両そのままのように見えるが、シートを支えるサブフレームは取り外されている。代わりにステーも一体成形したCFRP製シートカウルを装着。

ウインカーランプはないがシートカウル後端にはブレーキランプが埋め込まれるなど、レースマシンのロードモデルの中間を意図しているようだ。ゼッケンプレートのようにも見えるラジエーターシュラウドやアルミのメーターステーなど、ディテールも丁寧に作り込まれている。

残念ながら、これがCB系モデルのバリエーションとして発売される予定はないという。しかし外部のショップやビルダーに刺激を与え、カスタマイズのアイデアを提供する役割は果たしたといえそうだ。

また300TTレーサー コンセプトと同じ傾向の提案として『CB650スクランブラー コンセプト』も展示された。こちらは、よりベースモデルの面影を強く残し、アルミ板を加工したラジエーターガードパネルを備えている。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  5. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  6. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  7. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  8. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  9. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  10. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

アクセスランキングをもっと見る