豊田通商、アフリカで事業を展開する仏ボロレと包括提携

自動車 ビジネス 企業動向

豊田通商は、アフリカ最大級の輸送・物流網を持ち、通信・メディア事業など幅広い事業を展開する仏複合企業ボロレグループ中核会社ボロレとアフリカとその他地域での協業を目指し、包括的協業意向書を締結した。

ボロレは、アフリカ46カ国に物流網を展開しており、港湾・鉄道運営事業を西アフリカ中心に世界各国で展開している。欧州では通信・メディア・広告事業、EV(電気自動車)用電池生産事業も手掛けている。日本国内では、1977年から物流事業を展開している。

豊田通商とボロレは、今回の協業意向書締結により、両社の事業基盤を基に、インフラ事業、物流事業など、様々な事業で協業体制を構築し、両社のアフリカでのビジネス基盤を強化する。また、両社による協業体制は、グローバルでも展開していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

    【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  2. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  3. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. HERE、トヨタの「Touch 2 with Goマルチメディアシステム」に地図データが採用

  6. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  7. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  8. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  9. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る