消防庁、「駆けつけ給油」の指針を策定…給油ノズルのロック徹底など

自動車 社会 行政

駆けつけ給油のイメージ
  • 駆けつけ給油のイメージ
総務省消防庁は、サービスステーションで呼び出しに応じて給油する「駆けつけ給油」の安全確保策指針を、関係する業界団体や全国の消防機関に通知した。

中山間地域などの給油所では、顧客の来店が極端に少なく、従業員の確保が難しいなどの問題があり、地域特性に応じた、効率的な給油取扱所の運用形態が模索されている。

この一環として、通常は給油取扱所に常駐している従業員(危険物取扱者)が、例外的に給油取扱所隣接店舗などに所在し、顧客からの呼び出しに応じて給油取扱所に移動して給油する、駆けつけ給油が方策として取り上げられたことから安全確保策を検討してきた。

呼び出しに応じて給油する場合の安全上の課題を抽出し、課題に対応した安全確保策として、安全対策を実施した全国5カ所の給油所で、実際に給油などを行うことにより安全確保策の効果を検証した上で通達した。

安全確保策として給油ノズルのロック、危険物を貯蔵または取り扱う建築物の施錠管理や、従業員が来客を確認して適切に対応するため、原則として隣接店舗から給油所を直視できない場合、インターホン、センサー、看板などを設置し、直視できる場合は、インターホンと看板などを設置することとする。

また、給油ノズルのロック等従業員が給油取扱所の隣接店舗等に所在している場合の安全確保策と従業員が来客を確認した際、適切な対応方法について予防規程に記載することを指示した。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品