【カーグッズ】「未塗装樹脂パーツ」のクリーニングにもひと手間

自動車 ビジネス 国内マーケット

[写真01]アーマオール『プロテクタント300ml』
  • [写真01]アーマオール『プロテクタント300ml』
  • [写真01]アーマオール『プロテクタント300ml』
  • [写真02]ウイルソン『樹脂パーツブラック』
  • [写真03]ソフト99『ブラックパーツワン』
  • [写真03]ソフト99『ブラックパーツワン』
今月の当コーナーは、洗車における「やり残し厳禁な重要箇所」がどこなのかを明らかにしながら、それらへのケアに便利に使える専用ケミカルの数々を、厳選してご紹介している。今週はその最終回。「未塗装樹脂パーツ」のクリーニング&コートについて解説していく。

未塗装樹脂パーツも、「やり残し厳禁な重要箇所」の1つだ。洗い忘れることはないと思うが、それで終わらせることがなきように、ということを強く訴えたいのである。「もうひと手間加える」ことで、クルマ全体の見映えがグッと良くなるから、である。

では何をすればいいかというと…。

それは、“専用ケミカル”によるクリーニング、およびコーティングである。それをして輝きを復活させると、見た目がぐっと引き締まる。

では早速、具体的なアイテムをご紹介していこう。1つ目は、[写真01]のアーマオール『プロテクタント300ml』(品番:A-3,価格:オープン、発売元:ナポレックス)。

こちらは、ゴム・プラスチック・ビニールレザーなど、あらゆる合成素材の保護・ツヤ出しに使える、マルチな1本。タイヤや、内装のプラスチックパネルにも使用可能だ。それらに塗り込み、拭き取ることで、オゾン、紫外線による日焼けや色あせ、ヒビ割れを防止できるのだ。

使い方が簡単で、かつ、使用範囲が広い製品がお好みならば、当アイテムがおすすめだ。

次にご紹介するのは、[写真02]のウイルソン『樹脂パーツブラック』(税抜価格:1680円)。

黒色の未塗装樹脂パーツ専用の製品であり、かつ、より本格的なタイプとなっている。施工することで黒ツヤが復活し、しかも耐久ハードコートの効果は、6か月以上も持続するというから心強い。

それでいて、作業性が高いこともストロングポイント。液を塗布して拭き上げるだけで、バリっとした黒色が蘇る(なお当品は“使い切り”タイプである)。

簡単に、そしてハードにコートしたいと考えるなら、こちらに注目!

さて、最後にご紹介するのは、[写真03]のソフト99『ブラックパーツワン』(価格:オープン)。

こちらはさらに、“本格的”なアイテムである。なぜならば、クリーナーとコート剤の2液仕様となっていて、より丁寧な作業が求められるタイプであるからだ。しかしながらだからこそ、上手くいったときの満足度も高い。洗車を“趣味”として楽しもうという方に向いた製品と言っていい。

当製品の「ハードクリアコート」で形成されるケイ素系コーティング被膜は、温度上昇による軟化が少なく汚れを抱き込まないため、美しい状態を長期間持続可能だ(持続期間は約6か月!)。クロスとスポンジも付属しているので、購入後すぐに作業に取りかかれる。やり甲斐のある一品をご所望ならば、当品を要チェック。

さて、いかがだったろうか。未塗装樹脂パーツをはじめ、ここまでにご紹介してきた、ホイール、ヘッドライト、タイヤはそれぞれ、キリッと光ると車齢が若返ったように見えるもの。今度の洗車時にはそれらへのケアも、ぜひに。

【カーグッズ・アトランダム】洗車特集「やり残し厳禁な重要箇所はココ!」 パート4「未塗装樹脂パーツ編」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  9. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  10. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら