【東京モーターサイクルショー16】二輪用リチウムバッテリー売れ行き好調で2品番追加…岡田商事

モーターサイクル 企業動向

岡田商事が発売する予定の二輪用リチウムイオンバッテリー
  • 岡田商事が発売する予定の二輪用リチウムイオンバッテリー
「東京モーターサイクルショー2016」には二輪車用部品を扱う企業も数多く出展した。そのうちの1社、岡田商事(本社・東京都港区)は今後発売予定の二輪用リチウムイオンバッテリーを披露した。

なんでもこれまで販売してきたリチウムバッテリーの売れ行きが好調で、夏のツーリングシーズン前に2品番追加することになったということだ。これで二輪用リチウムイオンバッテリーは計15品番になる。

その特徴は従来の鉛バッテリーに比べて軽量で寿命が長いこと。重量で約3分の1~5分の1、寿命の長さで約1.5~2倍。そのうえ、パワーも約1.5倍ほどあり、エンジンのかかり方が違うとのこと。

「すでにレースなどで使われており、現在、10チーム以上で採用されています。年々、採用チームが拡大している状況です。また、海外の二輪車メーカーが新車に搭載するケースも出てきました」と同社関係者は説明する。

ただ、リチウムバッテリーは価格が高いというデメリットがある。しかし、同社のものは「それほど高くなく、鉛バッテリーとあまり変わらない」という。その価格は9333円~3万6300円だ。

「この二輪用リチウムバッテリーはこれから大きく伸びると考えているので、当社としても力を入れているところです」と同社関係者。今後、さらに品番が増えていきそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

    二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

    【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  4. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  5. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  6. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  7. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  8. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  9. 【ハーレー ソフテイルスリムS 試乗】1.8Lエンジンはケタ違いの力強さ…青木タカオ

  10. 【東京モーターサイクルショー16 動画】ヤマハ、レトロと先進の融合「XSR900」と3輪「トリシティ155」が初公開

アクセスランキングをもっと見る