PSAの3気筒ガソリンターボ、累計生産30万基…仏工場

自動車 ビジネス 企業動向

PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • プジョー 208
  • シトロエン C3
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは3月23日、フランスのフランセーズ・デ・メカニーク工場における3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジンの累計生産が30万基に到達した、と発表した。

フランセーズ・デ・メカニークは1969年、PSAとルノーが50対50の出資比率で設立。2013年以降、ルノーの出資が抜けて、PSAの完全子会社になっている。

3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンを積むのは、プジョーが『208』、『308』、『2008』、『3008』。シトロエンが『C3』、『C4』、『C4カクタス』、『C4ピカソ』。DSブランドが、『DS3』、『DS4』。現在、これらの車両のピュアテック搭載車に対する需要が増している。

フランセーズ・デ・メカニークでは2014年3月、3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンの生産を開始。現在では4交代制で、1週間あたり6450基のエンジンを生産する。今回、生産開始から2年で、累計生産30万基を達成した。

PSAプジョーシトロエンのデニス・マーティン氏は、「ピュアテックガソリンエンジンが、その搭載車の成功の大きな要因になっている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  9. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら