PSAの3気筒ガソリンターボ、累計生産30万基…仏工場

自動車 ビジネス 企業動向

PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • プジョー 208
  • シトロエン C3
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは3月23日、フランスのフランセーズ・デ・メカニーク工場における3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジンの累計生産が30万基に到達した、と発表した。

フランセーズ・デ・メカニークは1969年、PSAとルノーが50対50の出資比率で設立。2013年以降、ルノーの出資が抜けて、PSAの完全子会社になっている。

3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンを積むのは、プジョーが『208』、『308』、『2008』、『3008』。シトロエンが『C3』、『C4』、『C4カクタス』、『C4ピカソ』。DSブランドが、『DS3』、『DS4』。現在、これらの車両のピュアテック搭載車に対する需要が増している。

フランセーズ・デ・メカニークでは2014年3月、3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンの生産を開始。現在では4交代制で、1週間あたり6450基のエンジンを生産する。今回、生産開始から2年で、累計生産30万基を達成した。

PSAプジョーシトロエンのデニス・マーティン氏は、「ピュアテックガソリンエンジンが、その搭載車の成功の大きな要因になっている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  3. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  9. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る