PSAの3気筒ガソリンターボ、累計生産30万基…仏工場

自動車 ビジネス 企業動向

PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • PSAの仏フランセーズ・デ・メカニーク工場で生産される3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジン
  • プジョー 208
  • シトロエン C3
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは3月23日、フランスのフランセーズ・デ・メカニーク工場における3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジンの累計生産が30万基に到達した、と発表した。

フランセーズ・デ・メカニークは1969年、PSAとルノーが50対50の出資比率で設立。2013年以降、ルノーの出資が抜けて、PSAの完全子会社になっている。

3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンを積むのは、プジョーが『208』、『308』、『2008』、『3008』。シトロエンが『C3』、『C4』、『C4カクタス』、『C4ピカソ』。DSブランドが、『DS3』、『DS4』。現在、これらの車両のピュアテック搭載車に対する需要が増している。

フランセーズ・デ・メカニークでは2014年3月、3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンの生産を開始。現在では4交代制で、1週間あたり6450基のエンジンを生産する。今回、生産開始から2年で、累計生産30万基を達成した。

PSAプジョーシトロエンのデニス・マーティン氏は、「ピュアテックガソリンエンジンが、その搭載車の成功の大きな要因になっている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

    チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  2. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  3. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  4. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  5. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  6. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  7. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  8. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  9. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  10. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら