東京海上日動、自動運転車の公道実証実験に参画…サイバー攻撃想定した専用保険も

自動車 ビジネス 企業動向

東京海上日動火災保険は、自動運転技術の進展や自動運転車の公道実証実験の本格化を踏まえ、公道実証実験に参画するとともに、専用保険を開発したと発表した。

自動運転技術の進展は、これまでのクルマ社会のあり方を大きく変革させる可能性があるため、自動運転技術の進展・普及の途上で顕在化する諸課題について研究をいち早く進め、課題解決を通じて技術進展に寄与するため、損害保険会社として初めて、自動運転車の公道試験に参加する。

参加するのは金沢大学・石川県珠洲市による自動走行システム実証実験プロジェクトと名古屋大学・愛知県による自動車安全技術プロジェクト。

また、東京海上日動リスクコンサルティングが持つ独自の事故削減/再発防止ノウハウを活かし、今後、自動運転技術の実証実験を検討している企業・大学・自治体向けに「公道実証実験向け・自動車事故リスクアセスメントコンサルティング」サービスを構築する。

さらに、公道実証実験の円滑で持続的な実施をサポートするため、これまでの公道実証実験中に発生した自動車事故発生時の対人・対物賠償責任保険(自動車保険)に加え、新たに従来は補償できなかった、事故時の複雑化した原因究明を迅速化するための調査費用(含む第三者委員会での検証)や、同種事故の再発防止措置費用、サイバー攻撃を受けた際のフォレンジック費用などを包括的に補償する、自動運転車の公道実証実験向け専用保険プランを開発した。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品