【ニューヨークモーターショー16】ヒュンダイの新型EV、アイオニック …日産 リーフ を超える航続性能

自動車 ニューモデル モーターショー

ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
  • ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『アイオニック エレクトリック』の米国仕様車を初公開した。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイの新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドに続いて、3月1日にスイスで開幕したジュネーブモーターショー16では、プラグインハイブリッド(PHV)とEV版のアイオニック エレクトリックがデビューした。

ニューヨークモーターショー16では、アイオニック エレクトリックの米国仕様車が初公開。EVパワートレインのモーターは、最大出力120hp、最大トルク29.7kgmを発生する。

二次電池は、蓄電容量28kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。急速充電の「コンボ」を使えば、バッテリーの80%の容量を約20分で充電できる。米国仕様の性能については、米国EPA(環境保護局)の認定見込み値ながら、「1回の充電で最大110マイル(約177km)を走行できる」と発表された。

この航続距離は、日産『リーフ』の米国向け2016年モデルのバッテリー容量30kWh仕様の107マイル(約172km)を、若干上回った。ヒュンダイは、「アイオニックがグローバル成長戦略において、重要なマイルストーンになる」とコメントしている
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

    【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  3. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  8. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  9. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら