【ニューヨークモーターショー16】ヒュンダイの新型EV、アイオニック …日産 リーフ を超える航続性能 | レスポンス(Response.jp)

【ニューヨークモーターショー16】ヒュンダイの新型EV、アイオニック …日産 リーフ を超える航続性能

自動車 ニューモデル モーターショー

ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
  • ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『アイオニック エレクトリック』の米国仕様車を初公開した。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイの新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドに続いて、3月1日にスイスで開幕したジュネーブモーターショー16では、プラグインハイブリッド(PHV)とEV版のアイオニック エレクトリックがデビューした。

ニューヨークモーターショー16では、アイオニック エレクトリックの米国仕様車が初公開。EVパワートレインのモーターは、最大出力120hp、最大トルク29.7kgmを発生する。

二次電池は、蓄電容量28kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。急速充電の「コンボ」を使えば、バッテリーの80%の容量を約20分で充電できる。米国仕様の性能については、米国EPA(環境保護局)の認定見込み値ながら、「1回の充電で最大110マイル(約177km)を走行できる」と発表された。

この航続距離は、日産『リーフ』の米国向け2016年モデルのバッテリー容量30kWh仕様の107マイル(約172km)を、若干上回った。ヒュンダイは、「アイオニックがグローバル成長戦略において、重要なマイルストーンになる」とコメントしている
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品