人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

NTN、トランスミッション用低トルクシールリングを量産受注…燃費改善に貢献

自動車 ビジネス 企業動向

NTNは3月28日、自動車トランスミッション向けに開発した「低トルクシールリング」を自動車メーカーおよび自動車部品メーカー数社より量産受注したと発表した。

シールリングは、トランスミッションの油圧回路内で相対運動する軸とハウジングの間に1台あたり4~10個組み付けられ、すべり運動をしながら、オイルを密封する役割を果たしている。すべり運動による摩擦が発生するため、近年では、燃費に影響を及ぼす部品のひとつとして低トルク化が課題となっていた。

今回量産受注した「低トルクシールリング」は特殊充填材を配合したPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂製で、外径15~60mm、幅1.5mmの射出成形品。すべり運動する側面にV字状の潤滑溝を形成することで、動圧効果によりオイルが安定して供給され、同社従来品比60%減の低トルク化を実現した。また、シール特性は従来品同等の性能を維持しながら、低トルク化により、シールリングの摩耗量は同1/10以下となった。

今回、自動車の燃費基準がますます厳しくなる中で、低トルク化を実現したことが評価され、量産受注に至った。エネルギー伝達効率を高めるため多段化が進む自動車用トランスミッション内で、シールリングの使用数も増加傾向にあり、低トルク化を実現した同開発品の需要拡大が今後も見込まれる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

    日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

アクセスランキングをもっと見る