【バンコクモーターショー16】テーマは「次の100年」…BMW、未来への橋渡しを表現

自動車 ニューモデル モーターショー

未来を感じさせるコスチュームで会場内を練り歩く、BMWのパフォーマンス
  • 未来を感じさせるコスチュームで会場内を練り歩く、BMWのパフォーマンス
  • 挨拶するBMWタイランドCEOのマティアス・プファルツ氏
  • 体操のようなパフォーマンスの中、ファッションショー的にモデルが練り歩く
  • コスチュームはどれも未来感覚にあふれていた
  • 未来感覚のコスチューム
  • 未来感覚のコスチューム
  • 折り紙風の鳥をモチーフにしたモニュメントも登場
  • 未来感覚のコスチューム
バンコクモーターショーで毎回トップを切ってプレスカンファレンスを開くのがBMWだ。それだけにその展開に注目が集まったが、今回のテーマは同社が3月7日に創立100周年を迎えたことにちなむ「THE NEXT 100YEARS」。次の世代へ向かうBMWのアプローチが披露された。

今回、会場に集まった報道陣にサプライズとして提供されたのが、1950年代に生産されたBMW『イセッタ300』に乗って、BMWタイランドのCEOであるマティアス・プファルツ氏が登場するというパフォーマンス。このクルマはイタリアのイソ・イセッタをBMWがライセンス生産した298ccエンジンを搭載する二人乗りの乗用車で、戦後、BMWが乗用車の販売台数を伸ばすきっかけとなった記念すべきクルマでもある。

イセッタ300から下りたマティアス氏はまず「BMWグループは100周年という記念すべき年に、タイ国内の“Car & Bike of the Year 2016”で19もの賞を獲得できた」と喜びの気持ちを表した。そして、「タイではフラッグシップモデルともなるBMW 730Ld Mスポーツを含む多くの車両をローカル生産している。なかでも環境への配慮は怠りなく、新しいBMW 330E Mスポーツはタイでもっとも低いCO2排出レベルを実現したプラグインハイブリッド車(PHV)。BMWは今後もPHVの投入に注力していく」と述べた。

挨拶の後は毎回注目されるBMWのパフォーマンス。今回は、BMWの100年を見せる映像を背景に、複数台数のティンパニーをたたくシーンからスタートした。昨年のような激しいダンスはなかったものの、男性ダンサーが体操?とも思える動きを見せる中、未来を予感させる個性的な衣装に身をまとったモデル達が会場いっぱいに練り歩く。手には折り紙風の鳥をモチーフにしたモニュメントを持ち、次の100年への橋渡しを意味するようなパフォーマンスを繰り広げた。

毎度のことながら時間はかなり遅れてのスタートとなったものの、特に慌てる様子もなくショーは淡々と進む。この辺りは南国特有の緩さなのか、会場周辺には大勢の報道陣が詰めかけて熱気に包まれていた。最後はいつものように主催者と記念写真を撮影してショーは終了した。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【インタビュー】

    【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  10. スバル WRX S4 / STI 一部改良、インテリアの質感や静粛性を向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら