【バンコクモーターショー16】伝説のライダーの名が限定モデルで復活…ドゥカティ スクランブラー

モーターサイクル 新型車

スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
ドゥカティはバンコクモーターショー16で、伝説のライダー「マイク・ヘイルウッド」の名を冠した限定モデル、『スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション』を公開した。2016年9月に全世界58台限定で発売となる。

この企画の発端は、へイルウッド未亡人のポーリーンがドゥカティ・タイランドの経営陣と会ったときに出たアイデアだとか。ドゥカティはタイに生産工場を持ち、ここからASEAN各国や中国などに輸出している。スクランブラーも例外ではない。

58台という中途半端に思える台数なのは、マイク・へイルウッドが初めてドゥカティを駆ってGPに出場した1959年から数えて58年目に発売されるものだからだという。

スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディションは、1979年モデルとして発売された『900MHR』を思わせるデザインを持つ。1978年のマン島TTレースは、11年ぶりに2輪レースに復帰した マイク・へイルウッドが優勝。これを記念して、参戦マシンに似せて作られたのが900MHRだ。MHRとは「マイク・へイルウッド・レプリカ」の略で、ブランドを代表するヒット作となっている。

いっぽうスクランブラーの限定モデルには、レースマシンのような大型フェアリングは装備されない。あくまで「900MHRの雰囲気」を楽しむといった程度だ。つまり、この限定モデルは「900MHRのレプリカ」というよりも、カスタマイズの多様性を示すショーケースのひとつと捉えたほうがよさそうだ。

ベースとなったスクランブラー・アイコンからは、ヘッドライトまわりの小さなフェアリング、シートカウル、サイドカバー等が追加された程度。このためMHRを特徴づけているグリーンとホワイトのグラフィックスも、スクランブラーのデザインに合わせてアレンジが加えられている。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  6. 川崎重工、航空宇宙事業や車両事業好調で増収…2016年3月期決算

  7. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  8. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  9. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  10. 【ハーレー FLHXSE CVO ストリートグライド 試乗】ゴージャスを極めた純正カスタム…青木タカオ

アクセスランキングをもっと見る