【バンコクモーターショー16】伝説のライダーの名が限定モデルで復活…ドゥカティ スクランブラー

モーターサイクル 新型車

スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
  • スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション
ドゥカティはバンコクモーターショー16で、伝説のライダー「マイク・ヘイルウッド」の名を冠した限定モデル、『スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディション』を公開した。2016年9月に全世界58台限定で発売となる。

この企画の発端は、へイルウッド未亡人のポーリーンがドゥカティ・タイランドの経営陣と会ったときに出たアイデアだとか。ドゥカティはタイに生産工場を持ち、ここからASEAN各国や中国などに輸出している。スクランブラーも例外ではない。

58台という中途半端に思える台数なのは、マイク・へイルウッドが初めてドゥカティを駆ってGPに出場した1959年から数えて58年目に発売されるものだからだという。

スクランブラー・マイク・へイルウッド・エディションは、1979年モデルとして発売された『900MHR』を思わせるデザインを持つ。1978年のマン島TTレースは、11年ぶりに2輪レースに復帰した マイク・へイルウッドが優勝。これを記念して、参戦マシンに似せて作られたのが900MHRだ。MHRとは「マイク・へイルウッド・レプリカ」の略で、ブランドを代表するヒット作となっている。

いっぽうスクランブラーの限定モデルには、レースマシンのような大型フェアリングは装備されない。あくまで「900MHRの雰囲気」を楽しむといった程度だ。つまり、この限定モデルは「900MHRのレプリカ」というよりも、カスタマイズの多様性を示すショーケースのひとつと捉えたほうがよさそうだ。

ベースとなったスクランブラー・アイコンからは、ヘッドライトまわりの小さなフェアリング、シートカウル、サイドカバー等が追加された程度。このためMHRを特徴づけているグリーンとホワイトのグラフィックスも、スクランブラーのデザインに合わせてアレンジが加えられている。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

    【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  3. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

    【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  6. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  7. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  8. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  9. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  10. 二輪車初のETC2.0車載器、7月発売...日本無線

アクセスランキングをもっと見る