ヤナセ、仙台市「ふるさとの杜再生プロジェクト」の記念植樹に参加…震災復興を支援

自動車 ビジネス 企業動向

左から、ヤナセ東北 山崎弘行社長、奥山恵美子仙台市長、ヤナセ 井出健義社長
  • 左から、ヤナセ東北 山崎弘行社長、奥山恵美子仙台市長、ヤナセ 井出健義社長
  • 記念植樹に参加したヤナセグループの役員・社員
  • ヤナセの杜
ヤナセグループは、3月25日に仙台市で行われた「ふるさとの杜再生プロジェクト」の記念植樹に参加した。

ヤナセは、創立100周年を迎えた2015年5月に、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方の復興支援として、同社として1000万円、社員有志による161万9500円を、仙台市が主催する「ふるさとの杜再生プロジェクト」に寄付した。

同プロジェクトは、市民やNPO、企業などの力を結集し、海岸防潮林をはじめとする東部沿岸地域の緑の再生を図るもの。3月25日、その取り組みの一環として、仙台市宮城野区の海岸公園蒲生地区で市民植樹を開催。奥山恵美子仙台市長をはじめ、緑の活動団体・NPO、企業など支援団体、地域住民、小学生など市民350名が参加して、ドウダンツツジ、コナラ、ユキヤナギなどの苗木約1500本を植樹した。

セレモニーには、ヤナセの井出健義社長とヤナセ東北の山崎弘行社長をはじめ、ヤナセグループの役員・社員、総勢50名が参加し、公園内に設けられた広さ約2000平米の「ヤナセの杜」で記念植樹を行った。

ヤナセ東北の山崎社長は「地域の皆さんと一緒に緑を育みながら、引き続き当社も被災地復興支援活動に取り組んでいきます」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  3. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  4. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  5. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  6. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  9. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  10. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

アクセスランキングをもっと見る