アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開 | レスポンス(Response.jp)

アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開

自動車 ビジネス 国内マーケット

アウディ ジャパンの斎藤社長(左はquattro GmbHのA.ワトキンス氏)。
  • アウディ ジャパンの斎藤社長(左はquattro GmbHのA.ワトキンス氏)。
  • アウディ ジャパンの斎藤社長。
  • Audi Sportがサブブランドとして導入され、アウディのスポーツイメージのさらなる訴求が図られる。
  • Audi Sportがサブブランドとして導入され、アウディのスポーツイメージのさらなる訴求が図られる。
  • Audi Sportがサブブランドとして導入され、アウディのスポーツイメージのさらなる訴求が図られる。
  • 新型のアウディR8。
  • 中央はGT300に参戦するアウディR8 LMS。
  • 富士でのSUPER GT公式テスト参加中の#21 アウディR8 LMS。
26日、アウディ ジャパンは富士スピードウェイにてサブブランド「Audi Sport」(アウディ スポーツ)の導入を発表。アウディの重要なブランド要素であるスポーツイメージのさらなる訴求を図っていく。

新型のGT3レーサー「アウディR8 LMS」を使ってGT300クラスに参戦しているチームもある「SUPER GTシリーズ」の公式テスト開催中の富士スピードウェイ。アウディ ジャパンは今季GT300参戦チームの体制発表、そしてロードカーの新型アウディ『R8』の国内発表と同時に、サブブランド「Audi Sport」の導入についても発表した。

アウディ ジャパン代表取締役社長の斎藤徹氏は、導入意図を次のように語る。

「欧州においてはモータースポーツが文化、ライフスタイル的な定着をしており、アウディは人々がそれをより身近に楽しむためのリーダー的役割を担ってきました。日本市場においてもAudi Sportをサブブランドとして立ち上げ、アウディの重要なブランド要素であるスポーツイメージを訴求し、お客さまとのさらなる絆づくりをしていきたいと思います」。

Audi Sport(1980年設立)の近年の活動は、WECやDTMといったワークス参戦モータースポーツとR8 LMS供給によるGTレースでのカスタマーレーシングが中核。さらにロードカーのR8やRSモデルの販売、そしてAudi Sportブランドのグッズ開発に販売といったところへ(日本でも)活動領域を広げていく。

店舗の一部には「Audi Sport Store」(アウディ スポーツ ストア)が展開される。専任スタッフも配されるここを起点に、「Audi Sport Collection」等の販売やモータースポーツを中心とした情報発信が実施されていく予定だ。Audi Sport Storeはアウディみなとみらい店を皮切りに、今年度内に24店舗がオープン(予定)。

Audi Sportの国内立ち上げ初年度となる2016年は、フルモデルチェンジしたR8を販売するとともに、RSモデルのパフォーマンスをさらに向上させた「RS Performance」を導入。また、R8やRSモデルの性能を存分に体験できる「Audi Sport driving experience プロブラム」の実施や、ドイツのAUDI AGが開催する「Audi driving experience プログラム」への優先案内、日本国内のリゾート地等での「Audi Sport model テストドライブイベント」の開催も予定されている。

斎藤社長は「モータースポーツファンのみなさんとアウディとの接点を強化して、アウディのモダンプレステージイメージとスポーツイメージをさらに高めていきたい」と語り、Audi Sportによる新たな事業展開への期待感を強調している。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品