トヨタ アクア、最速で国内販売100万台達成

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ アクア
  • トヨタ アクア
  • 初代カローラ(1966年発売)
トヨタ自動車は、ハイブリッド車(HV)の『アクア』がこの2月で国内累計販売100万台に達したと明らかにした。2011年12月の発売から4年2か月での達成であり、同社の国内販売では『カローラ』シリーズを抜いて最速となった。

アクアは、コンパクトなHV専用車として開発され、トヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)で生産されている。12年以降は国内でコンスタントに20万台以上の販売実績をあげてきた。13年から15年まで3年連続で登録車のベストセラーとなっており、うち13年と15年は軽自動車を含む全モデルでも最多の販売となった。

トヨタ車では1966年11月に発売されたカローラが、2代目モデルに切り替え後の72年に100万台を達成。発売から約6年であり、これが従来の最速だった。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品