EVスポーツカー トミーカイラZZ のレンタル「新しモノ好きに」

自動車 ビジネス 国内マーケット

トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • タイムズモビリティネットワークスのService X車両の一部
タイムズモビリティネットワークスは、4月1日より、Service XにおいてEVスポーツカーの『トミーカイラZZ』を導入する。

Service Xは、ポルシェやロータスなどの“憧れの名車”を1時間2700円から借りられるレンタカーサービスだ。同社執行役員モビリティ革新本部本部長の秋田剛児さんは、「Service Xはクルマがものすごく好きだという人たちに向けてのサービスとして運営している」と話す。一方で、「新しモノ好きや、クルマにはあまり興味がないというユーザーはなかなかこのサービスを利用していない」と述べる。

そこで、トミーカイラZZというクルマを導入することにより、「日本のEVスポーツカーなので、新しモノ好きの方たちが、日本でもこういうクルマを作っているのなら乗ってみたいと、新たなターゲットとして入ってくるのでは」と期待を語る。つまり、Service Xの顧客層拡大が狙いで、その結果から「また新しいビジネスが見えてくるのではないかなと考えている」と秋田さん。

現在Service Xの稼働状況は、「かなり人気を博してきており、ポルシェでは平日でもなかなか予約が取りにくい状況だ。マニュアル車のロータスなどであれば、比較的(予約は)取りやすくはあるが、それでも休日はかなり埋まっている」と好調さをアピール。そして、トミーカイラZZはEVなので短時間貸し出しではあるものの、「高い稼働率を期待しており、多くのユーザーに乗ってもらえるのではないかと思っている」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

    【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

  4. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  5. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. ダイハツ、企業情報サイトを刷新…スマホにも対応

  9. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  10. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら