EVスポーツカー トミーカイラZZ のレンタル「新しモノ好きに」

自動車 ビジネス 国内マーケット

トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • タイムズモビリティネットワークスのService X車両の一部
タイムズモビリティネットワークスは、4月1日より、Service XにおいてEVスポーツカーの『トミーカイラZZ』を導入する。

Service Xは、ポルシェやロータスなどの“憧れの名車”を1時間2700円から借りられるレンタカーサービスだ。同社執行役員モビリティ革新本部本部長の秋田剛児さんは、「Service Xはクルマがものすごく好きだという人たちに向けてのサービスとして運営している」と話す。一方で、「新しモノ好きや、クルマにはあまり興味がないというユーザーはなかなかこのサービスを利用していない」と述べる。

そこで、トミーカイラZZというクルマを導入することにより、「日本のEVスポーツカーなので、新しモノ好きの方たちが、日本でもこういうクルマを作っているのなら乗ってみたいと、新たなターゲットとして入ってくるのでは」と期待を語る。つまり、Service Xの顧客層拡大が狙いで、その結果から「また新しいビジネスが見えてくるのではないかなと考えている」と秋田さん。

現在Service Xの稼働状況は、「かなり人気を博してきており、ポルシェでは平日でもなかなか予約が取りにくい状況だ。マニュアル車のロータスなどであれば、比較的(予約は)取りやすくはあるが、それでも休日はかなり埋まっている」と好調さをアピール。そして、トミーカイラZZはEVなので短時間貸し出しではあるものの、「高い稼働率を期待しており、多くのユーザーに乗ってもらえるのではないかと思っている」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  5. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  7. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. フィアット 500 、全世界で8万台をリコール…クラッチに不具合

  10. 【ウェルフェア16】ホンダ、ステップワゴン 車いす仕様車などを出展

アクセスランキングをもっと見る