オートバックスセブン、小林喜夫巳副社長が社長就任…湧田社長は相談役に

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは3月23日、小林喜夫巳副社長が社長に昇格する役員人事を発表した。

小林副社長は4月1日付けで、湧田節夫社長と2名体制の代表取締役となり、6月下旬開催の定時株主総会および取締役会の承認をもって代表取締役社長に就任する。

湧田社長は定時株主総会をもって任期満了で退任。同社の相談役、オートバックスグループ共済会の代表理事に就任する予定。

小林氏は1978年に大豊産業(現オートバックスセブン)に入社。2008年に執行役員、2010年に取締役、2014年に副社長に就任。現在60歳で、オートバックスチェン本部長を務める。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

    【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  4. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  5. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

  8. HERE、トヨタの「Touch 2 with Goマルチメディアシステム」に地図データが採用

  9. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

  10. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

アクセスランキングをもっと見る