オートバックスセブン、小林喜夫巳副社長が社長就任…湧田社長は相談役に

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは3月23日、小林喜夫巳副社長が社長に昇格する役員人事を発表した。

小林副社長は4月1日付けで、湧田節夫社長と2名体制の代表取締役となり、6月下旬開催の定時株主総会および取締役会の承認をもって代表取締役社長に就任する。

湧田社長は定時株主総会をもって任期満了で退任。同社の相談役、オートバックスグループ共済会の代表理事に就任する予定。

小林氏は1978年に大豊産業(現オートバックスセブン)に入社。2008年に執行役員、2010年に取締役、2014年に副社長に就任。現在60歳で、オートバックスチェン本部長を務める。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. 英自工会「EUにとどまるのが望ましい」…国民投票前に声明

  5. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  6. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  7. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  8. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  9. 【土井正己のMove the World】英国がEU離脱なら日本メーカーは英国離脱

  10. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

アクセスランキングをもっと見る