【大阪モーターサイクルショー16】オフロード愛を感じるカスタムで大盛況…ダートフリーク

モーターサイクル エンタメ・イベント

モーターサイクルショー初出展のダートフリークのWR250Rカスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのWR250Rカスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのWR250Rカスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのWR250Rカスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのWR250Rカスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのMT-09カスタム。
  • モーターサイクルショー初出展のダートフリークのMT-09カスタム。
担当者によると、モーターサイクルショーへの出展は意外にも今回が初めてだという。オフロード用品を取り扱うダートフリーク(愛知県瀬戸市)のブースが大盛況だった。

熱視線を浴びたのは、2台のカスタムだ。まず、ヤマハ『WR250R』が面白い。サイドカバー、シート、アルミシュラウド、燃料タンクをワンオフ製作し、同社が取り扱うUFO製のヘッドライトとフロントフェンダーで70年代風に仕上げた。

しかし見た目はヴィンテージだが、中身は公道向けトレールでは戦闘力ナンバー1のWR250R。倒立式フロントフォークにカシマコートを施し、Z-WHEELのアルミリムやハブで足まわりを強化し、走りを疎かにしていないのもファンを唸らせた。

もう1台はヤマハ『MT-09』。トリプルエンジンを搭載するロードスターだが、「本来こうあるべきでは」とオフロードテイストをふんだんに取り入れた。

フェンダー、シュラウド、フロントカウル、クランクケースカバーをカーボンでワンオフ製作し、リンクプレートによるハイリフトで最低地上高を稼いでいる。シートもオフロードライディングを想定してクッションを盛り、フラットな形状に作り直した。

オフロードへの情熱を感じずにはいられないダートの香り漂う斬新なカスタムで、ダートフリークの名がオフロードファン以外にも強く印象に残ったはず。今回製作したワンオフパーツは、反響次第では市販化の予定だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 手島雄介選手が真夜中に運んだポケバイ5台、KITTEにズラリ 7月23-24日

    手島雄介選手が真夜中に運んだポケバイ5台、KITTEにズラリ 7月23-24日

  2. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

    限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  3. 「世界一速い郵便配達を」Honda熊本レーシング手島雄介…ふみの日

    「世界一速い郵便配達を」Honda熊本レーシング手島雄介…ふみの日

  4. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  5. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  6. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  7. ヤマハ WR250R、2017年モデルを発売…YZシリーズのグラフィックイメージ採用

  8. BMWモトラッド、創業100周年記念モデルを発売

  9. ダンロップ、二輪車用タイヤの安全点検を全国6会場で実施 8月7日

  10. MVアグスタが堅調---3気筒エンジンが人気

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら