夜間の見通しが悪い区間、横断の高齢男性はねられ死亡

自動車 社会 社会

19日午後9時10分ごろ、宮城県川崎町内の国道286号で、徒歩で道路を横断していた75歳の男性に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はクルマの運転者を現行犯逮捕している。

宮城県警・大河原署によると、現場は川崎町川内付近で片側1車線の直線区間。横断歩道や信号機は設置されていない。75歳の男性は徒歩で道路を横断していたところ、右方向から交差進行してきた軽乗用車にはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、腹部強打などが原因で約2時間後に死亡。警察はクルマを運転していた同町内に在住する27歳の女を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

現場は街灯が設置されておらず、夜間の見通しが悪い区間。聴取に対して女は「前をよく見ていなかった」などと供述しているようだ。警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

    国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  3. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

    国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  4. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  5. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  6. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  7. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  8. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  9. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  10. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

アクセスランキングをもっと見る