【バンコクモーターショー16】シボレー コロラド エクストリームコンセプト、初公開…よりアグレッシブに

自動車 ニューモデル モーターショー

「コロラドエクストリーム」コンセプトのプレスカンファレンスの模様
  • 「コロラドエクストリーム」コンセプトのプレスカンファレンスの模様
  • 迫力が大幅に増した「コロラド・エクストリーム」コンセプト
  • 内装は「トレイルブレイザー・プレミアム」と基本を共通にしながら配色や機能を高めた
  • アグレッシブさを伝えてくる再度ビュー
  • 『CHEVROLET』のロゴマークがピックアップを作り続けてきた文化を感じさせる
  • 空気圧を低くしてもタイヤが外れない18インチのビードロックホイールを採用
  • 荷台にはスペアタイヤが置かれる
  • プレスカンファレンスの最後は関係者でお決まりの記念撮影
GMはバンコクモーターショー16において、シボレーブランドのピックアップ車『コロラド』のコンセプトモデル『コロラド エクストリーム』をワールドプレミアした。東南アジアやオセアニア地域を含んだ新興国での販売展開を予定しているという。

コロラドは、同じ骨格を持つSUV『トレイルブレイザー』から派生したピックアップトラックとして、時を同じく2012年にデビュー。以後、新興国を中心に幅広い支持を集めてきた。コロラド エクストリームは、ピックアップとして能力を極限まで高めるための数々の機能を追加搭載。それに伴ってより強烈な印象を与える新デザインへと変身を遂げている。

外観はアウトドア志向のユーザーにはうってつけとなるルーフトップキャリアとサイドステップ、リアステップバーなどを装備。剛性を高めるフロントブッシュバーや空気圧を低くしてもタイヤがホイールから外れにくくする18インチのビードロックホイールを採用するなど、オフロード走行を完璧にする新装備が数多く用意されている。今回、『トレイルブレイザー プレミアム』の登場に合わせて、フロントグリル付近のデザインをリファイン。ボンネットスクープの追加もあり、車体全体からは本格オフローダーとしての圧倒的な迫力を伝えてくる。

車内はトレイルブレイザー プレミアムとほぼ同じデザインで象られているが、ベース配色はボディカラーとマッチングするなど、車内からもアクティブな雰囲気を醸し出している。また、傾斜レベルゲージをはじめとするメーター類や、助手席側にハンドルグリップを備えることで、実用面での対応も果たしている。

パワートレーン系はトレイルブレイザー プレミアムと同様、明らかにされていないが、ベース車と同様、排気量2.5リットルもしくは2.8リットルのターボディーゼルエンジンが搭載される見込み。タイでは東部ラヨン工場で製造すると思われる。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

    メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  2. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

    「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター、ハードトップの「RF」欧州初公開へ

  5. BMW 2シリーズ 高性能モデル、340馬力の「M240i」に進化

  6. アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

  7. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  8. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. 日産×メルセデス、新型ピックアップトラック「Xクラス」が走った!

アクセスランキングをもっと見る