【大阪モーターサイクルショー16】ヤマハ、発売間近の XSR900 を日本公開

モーターサイクル 新型車

大阪モーターサイクルショーで本邦初公開されたXSR900 60th Anniversary。
  • 大阪モーターサイクルショーで本邦初公開されたXSR900 60th Anniversary。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 4月15日発売のヤマハXSR900。
  • 4月15日発売のヤマハXSR900。
CFアルミダイキャストフレームに排気量845ccの並列3気筒エンジンを搭載する『MT-09』譲りの車体を「ザ・パフォーマンス・レトロスター」を開発コンセプトにリメイク。

話題のニューレトロ・ロードスポーツ『XSR900』が、大阪モーターサイクルショーのヤマハブースにて展示された。

XSR900が初めて姿をあらわしたのは、昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)でのこと。このとき日本導入は未定で、実車を日本で見ることができるのは早くて今春のモーターサイクルショーかと見込んでいたが、期待通りとなった。

トラクションコントロールやアシスト&スリッパークラッチなどを備えるほか、手仕上げによるアルミ製タンクカバー、3分割フェンダー、ラジアルマウント4ポットキャリパーを装備。

さらに新デザインのアルミラジエターカバーやマフラープロテクター、サイレンサーカバーなどディテールも新しさに満ちあふれている。

ヤマハは4月15日にXSR900を104万2200円で発売開始し、創業60周年記念カラーのXSR900 60th Anniversary(107万4600円)を9月末日までの受注期間限定モデルとして予約販売。予約窓口は全国のヤマハスポーツバイク取扱店となる。

なお、3月25日~27日開催の東京モーターサイクルショー2016(東京ビッグサイト)にも展示される予定だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  3. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

    二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  4. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  5. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  6. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  8. 【ハーレー アイアン883 試乗】足まわりが強化され、走りがアツイ…青木タカオ

  9. ホンダ NC750X、新型発売…LEDヘッドライト採用などスタイリング一新

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

アクセスランキングをもっと見る