【大阪モーターサイクルショー16】ヤマハ、発売間近の XSR900 を日本公開

モーターサイクル 新型車

大阪モーターサイクルショーで本邦初公開されたXSR900 60th Anniversary。
  • 大阪モーターサイクルショーで本邦初公開されたXSR900 60th Anniversary。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)で初披露されたXSR900。
  • 4月15日発売のヤマハXSR900。
  • 4月15日発売のヤマハXSR900。
CFアルミダイキャストフレームに排気量845ccの並列3気筒エンジンを搭載する『MT-09』譲りの車体を「ザ・パフォーマンス・レトロスター」を開発コンセプトにリメイク。

話題のニューレトロ・ロードスポーツ『XSR900』が、大阪モーターサイクルショーのヤマハブースにて展示された。

XSR900が初めて姿をあらわしたのは、昨年11月のEICMA(イタリア・ミラノショー)でのこと。このとき日本導入は未定で、実車を日本で見ることができるのは早くて今春のモーターサイクルショーかと見込んでいたが、期待通りとなった。

トラクションコントロールやアシスト&スリッパークラッチなどを備えるほか、手仕上げによるアルミ製タンクカバー、3分割フェンダー、ラジアルマウント4ポットキャリパーを装備。

さらに新デザインのアルミラジエターカバーやマフラープロテクター、サイレンサーカバーなどディテールも新しさに満ちあふれている。

ヤマハは4月15日にXSR900を104万2200円で発売開始し、創業60周年記念カラーのXSR900 60th Anniversary(107万4600円)を9月末日までの受注期間限定モデルとして予約販売。予約窓口は全国のヤマハスポーツバイク取扱店となる。

なお、3月25日~27日開催の東京モーターサイクルショー2016(東京ビッグサイト)にも展示される予定だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

    ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  5. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  8. ヴィクトリー マグナム にアレンネス監修の特別モデル…1台限定で330万円

  9. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

アクセスランキングをもっと見る