【ニューヨークモーターショー16】スバル インプレッサ 新型、ハッチバックも登場

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル インプレッサ ハッチバック 新型(ニューヨークモーターショー16)
  • スバル インプレッサ ハッチバック 新型(ニューヨークモーターショー16)
  • スバル インプレッサ 新型
  • スバル インプレッサ ハッチバック 新型(ニューヨークモーターショー16)
  • スバル インプレッサ ハッチバック 新型(ニューヨークモーターショー16)
  • スバル インプレッサ 新型
  • スバル インプレッサ 新型
  • スバル インプレッサ 新型
  • スバル インプレッサ 新型
スバル(富士重工)は3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、新型『インプレッサ』を初公開した。セダン、そしてハッチバックも刷新される。

新型インプレッサは、スバルが中期経営ビジョン「際立とう2020」において、次世代モデルの第一弾として位置づける戦略車。新プラットフォームを初採用し、安全性能や走行性能を飛躍的に進化させた。

また新型には、スバル新デザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」を全面採用。さらに、内外装の質感も大幅に向上している。

安全面では、アイサイトに加え、後退時自動ブレーキシステムなど、独自の運転支援技術を導入。優れた予防安全性能を追求した。

メカニズム面では、新開発の2.0リットル水平対向直噴エンジンを核としたシンメトリカルAWDシステムを、全車に搭載。従来型自然吸気エンジン比で、約80%の部品を刷新するとともに、軽量化することで、出力と燃費の向上を達成した。北米仕様の場合、最大出力は152hpを引き出す。

トランスミッションには、改良型リニアトロニックを採用。レシオカバレッジの拡大と軽量化により、加速性能と燃費性能の向上を両立。全車にオートステップ変速を採用するとともに、マニュアルモードについては7速化。スバルは、「ドライバーのイメージ通りの気持ちいい加速感を実現した」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品