【バンコクモーターショー16】GM、シボレー トレイルブレイザー プレミア を世界初披露

自動車 ニューモデル モーターショー

ヘッドランプ周りをフェイスリフトすることで全体にスクエア感が増した「トレイルブレイザー・プレミア」
  • ヘッドランプ周りをフェイスリフトすることで全体にスクエア感が増した「トレイルブレイザー・プレミア」
  • ダッシュボードも新デザインに変更。中央部が浮いたようなフローティングデザインを採用して使いやすさを向上させた
  • 「トレイルブレイザー・プレミア」は、派生モデル「コロラド・エクストレイル」ともに発表された」
  • 「トレイルブレイザー・プレミア」のリアビューはテールランプの形状などのデザイン意匠を変更
  • より質感が高まったダッシュボード周り
  • シートは革張りとなってプレミアムSUVらしい豪華さが伴った
  • セカンドシートのゆったり感はミニバン並み
  • 乗降性を高めるステップにはクロームメッキも施す。ここにもプレミア感を演出している
米GMは、3月23日、バンコクモーターショー16において、シボレーブランドのSUV「トレイルブレイザー」のハイエンドグレードモデル『トレイルブレイザー プレミア』をワールドプレミアした。

トレイルブレイザーはGMシボレーブランドの中型SUVで、初代モデルは2008年まで日本でも販売されていたが、2012年に2世代目がこのバンコクモーターショーで登場して以来、販売の中心を中東やタイに特化。このエリアでの人気は根強く、その流れを受けて上位グレードとしてトレイルブレイザー プレミアを再びバンコクモーターショーで初披露した。

トレイルブレイザー プレミアは、車名が表すとおり、内外装の装備を充実させると同時にフロントグリル周辺を中心にプレミアム感を演出する新たなデザインが与えられている。フロントには丸いフォグランプとLEDヘッドランプを装着し、リアに回ると新意匠のテールランプが新鮮さを醸し出す。左右に組み付けられたステップは、周囲をクロームで囲いながら滑りにくさにも配慮。グレーカラー マルチスポーク22インチホイールやリアスポイラーを組み合わせ、スポーティさにも磨きをかけている。

インテリアはプレミアムSUVらしい豪華さにあふれている。新感覚のフローティングデザインを採用したウォーターフォール手法によりプレミアム感を効果的に演出。ダッシュボード内には8インチモニターを配して周囲をクロムメッキで囲む。ここに内蔵されるインフォテイメント システムは最近のGM車の流れを受けた「MyLink」を採用。もちろんApple CarPlayにも対応した。

出展された車両はほぼ量産車に近いということだが、搭載エンジンや価格については明らかにされなかった。ただ、現行車の上位エンジン2.8リットル4気筒エンジンを引き継ぐ可能性が高いと見られている。ミッションも現行車と同様、6速ATと6速MTが組み合わされ、2WD/4WDも選べる可能性が高い。ちなみに、現行トレイルブレイザーの最上位モデル「LTZ1」はタイで生産されており、価格は147万9000バーツ(約475万円)だ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

    VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  2. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

    日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  5. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  8. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  9. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  10. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

アクセスランキングをもっと見る